ハウスネットワーク松ヶ枝

わが母校

先日案内で懐かしのわが母校「京都府立洛北高等学校」の近くに行きました。

当時の姿はもうなくなってしまい、

「京都府立洛北高等学校・附属中学校」という名前に変わり、中高一貫に変わってしまった。。。

昔は京都一中と言われ、ノーベル賞の湯川秀樹など素晴らしい人たちが卒業した高校です。

私の時は商業科がありました。今では幻かもしれません。

就職するために商業科に入った私は就職をすることだけを目指していました。

商業科目は得意で当時、情報処理だったかな?今で言うITの授業もありました。

マークシートを塗ってマシンに通すと結果が出る。

そんな手作業でした。

そろばんは高校生になってから習いました。

英文タイプも習いました。

商業法規で民法や商法を習ったと思います。他にも総合実践とかありました。

無事に地元の金融機関に就職した私は何度かの転勤で洛北高校の近くの店舗にも勤務しました。

そして、今もまた同じ左京区エリアで働いていることに縁を感じます。

すっかり変わってしまった姿にちょっとがっかりですが。

当時の友達とは今でもつながっていて素晴らしい出会いばかりがありました。

洛北高校に行って正解だったと思います。

良い高校だったなぁ。。。

 

 

左京店 松ヶ枝

 

 

 

 

さよなら思い出の家

ここに子供たちが小さい頃に住んでいた貸家がありました。

子供たちがご近所の人にかわいがってもらった思い出や

子育てを必死でやってた頃の思い出がいっぱいの家がありました。

天井裏にネズミが棲んでいて走っている音やガリガリと壁をかじる音に悩まされていた日々。

うっかり出しておいた食べ物をかじられてしまった日も。

あれから四軒長屋の住人の人もどんどんいなくなって、すべて空家になりました。

ある日ブルドーザーがやって来て次々に建物は壊されていきました。

さみしい気持ちでいっぱいです。

ここにまた新築一戸建てが建つのでしょう。

老朽化して役目を果たした古い家が今どきの素敵な家に生まれ変わる。

古い貸家に住んでた私は今後は味わうことのできない貴重な経験をしたんだなあって思います。

 

ネズミたちはどこへ行ったのでしょうね。

 

 

左京店 松ヶ枝

 

ハロウィン終わりました

10月があっという間に終わりました。

先月、百万遍にあるお花屋さんの銀花園さんでハロウィン用のミニかぼちゃを買いました。

見た目のかわいさもありますが、季節を感じるものをデスクに置くことでご来店のお客様にも少し和んでもらいたいと思ったからです。

それとかぼちゃのオレンジ色は元気が出る!

さらに金運UP!!

今年のハロウィンは全国的に例年のような集まりは少なかったようですね。

おうちでハロウィンパーティーをした人も多かったようです。

次はクリスマスですね!

左京店の店頭にもクリスマスの飾り付けを開始したいと思います。

わくわくします!

 

左京店 松ヶ枝

カラーセラピスト講座

先月8月29日にかねてから興味のあったカラーセラピーのセラピスト養成講座を受講してきました。

カラーセラピーとはどのようなものか全く知らなかったのですが、

ただきれいな色によって自分の心が癒されるのではないかと思っていました。

一日の受講でカラーセラピストの資格が取得できるという魅力もあって

わくわくしながら教室に向かいました。

まずは自己紹介、そして色の成り立ちから学び、色の持つ意味や色によって人が感じることは様々であり、そこでその人の潜在意識を引き出す。

14色のカラーボトルを並べてその中で自分が一番気になるボトルを選ぶ。

その選んだボトルにはそれぞれ心に響く意味があるんです。

自分でも知らなかった心の中や過去からの思いなど引き出してセラピストと話すことで癒される。

自分を知ることができました。

これは占いでもなく、スピリチュアルでもありません。

不思議な体験でした。

この受講で私もカラーセラピストとしての資格をいただきました。

これからは私も少しずつ経験を積み、勉強をして周りの人を癒せるようなセラピストになりたいと思います。

思い立った時が始め時。

私はそう思います。

 

 

 

左京店 松ヶ枝真三子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受かってクレープ!

いよいよ入試シーズンがやって来ました。

今年は最後のセンター試験ということで気合いの入る人たちも多かったようですね。
31年間続いた大学入試センター試験は、来年から「大学入学共通テスト」という新たな入試になって
マークシート方式であっても、思考力や判断力などを問うものが増えるということです。
受験と言えば、うちの娘も数年前に大学受験をしましたが、東京や埼玉まで一緒に着いて行ったことを思い出します。
 
試験中は一人で大学内で待ち、外で配られたお部屋探しのパンフレットを見たり、落ち着かない時間を過ごしました。
 
現地の不動産業者さんに何軒か物件の案内してもらい帰ったのですが、
結局、残念な結果になり、自宅から通える大学に入学しました。
 
でも、それも結果良かったと思います!
うちの娘は大学で出会った外国人留学生と結婚しましたから。
 
人生にはいろいろな分かれ道があって、その時の選択が決して間違いではなく、結果良かったと思えることもあるから不思議です。
 

この時期、入試にちなんだパンやお菓子が販売されています。

 

縁起を担ぐ意味で食べたら合格に近づくかも!

 

皆さん、頑張ってくださいね!

 

企画管理部 松ヶ枝

妙覚寺 秋の特別拝観

昨晩、上京区にある妙覚寺の秋の特別拝観に行ってきました。

先日「めざましテレビ」でも紹介されていました。

庭園の紅葉はもう散り始めていましたが、落ち葉のじゅうたんが綺麗で、

丸窓から眺める箱庭も心を落ち着けるのにびったりな空間でした。

日蓮宗の庭はいわゆる紅葉を植えただけの「自然庭園」で法華経の中に「諸法実相」という教えがあって、「諸法」とはこの世の出来事「実相」とは本当の姿という意味。

「あるがまま素晴らしい」という教えだそうです。

人生は良いこと、悪いこと、楽しいこと、悲しいこと、山あり谷ありですが、

人間にとって悪いことも良いことと同じように人生にとっては大事なのですよという教えだそうです。

その通りだと思います!

 

企画管理部 松ヶ枝