地域情報

みやこめっせ

京都市勧業館。京都市左京区に位置するイベント会場で、通称をみやこめっせ。1996年に前身の京都市立勧業館から建替えが行われ、現在の建物は1996年4月8日に閑静式が行われています。
みやこめっせという愛称は平安建都1200年記念事業として公募した結果、2685点の応募の中から選ばれたとの事です。

 

皆様、お世話になっております、株式会社ハウスネットワーク四条店・テナント事業部の岡本です。

 

 

さて、先日知人がみやこめっせのイベントで食品の販売で出店するということ有り、普段余り縁のないみやこめっせへ行ってまいりました。
個人的には勧業ミュージアムなど見るべき所が多くございましたが、本音で言うとみやこめっせ内の隣ブースで行われていたイベントに心奪われておりました。

 

「春の古書大即売会」

「国内最大規模の古本まつり
屋内で行われるものとしては国内でも大規模な即売会。京都、奈良、大阪などから約40店余が集まり、古典書から学術書、美術書、小説、文庫、新古書に至るまでさまざまなジャンルの本が揃う。ここでしかない特別な一冊との出会いを楽しめる。」京都naviより。

いや中々の規模でした。時間の都合で端から端まで見て回るということは出来なかったのですが、今回は下記の本と出会うことができました。

 

「京都市の地名」

1979年に出版された京都の地名について一つ一つ歴史や語源、学術的調査を含めて記載した非常に含蓄のある本となります。現在はPOD版も出版されているため、よろしければぜひ一度御覧ください。むしろ巨大なので絶対にそちらをおすすめします。
ただ、PODで読むと3万円を超えるこの本が古書版ですとまさかの2000円。この様な出会いができるのものこういったイベントの醍醐味ですが、中々伺う機会が少なくなってきたように思います。

読み終わるまでにかなりの時間を要するボリュームですが、是非ゆっくりと付き合っていきたいと思います。

西宮のえべっさん

昨今のコロナ禍で人の集中を避ける意図もあり、多くの事が「そのタイミングでないと駄目」という形でなくなった様に思います。勿論、情勢を考えると当然必要な事ではあるのですが、節目節目の事や季節的な事を考えると少し寂しく感じることもあるなとは存じます。

 

皆様、お世話になっております、株式会社ハウスネットワーク四条店・テナント事業部の岡本です。

年賀から仕事初めを経て、例年えべっさんへお参りをさせて頂いております。

勿論八坂のえべっさんもお伺いするのですが、個人的に例年今宮戎周辺でご商売されている方とご縁が有り、普段はそちらへお参りさせて頂いております。

ただ今年は所謂十日えびすにお伺いできないことも有り、伺ったことのない西宮神社へお参りをさせていただきました。

 

 

 

西宮神社、全国に3500ほどあるというえびす神社の所謂総本社となります。

その起源は古く、正式な創建時期は不明との事です。えびす様の歴史と経緯を考えると、所謂神代の時代に近い年代から既に地域にあったものなのでしょうね。

例年、福男選びのイベントなど、非常に人手が多い事もあり敬遠していたのですが、今年は十日えびすを外していることもあり大丈夫かと考え参詣させていただきました。

…が、人が多い。

お参りするだけなので当然動きは早いのですが、それでも100人くらいは並んでいますね。

また、十日えびす後の片付け時期ということも有り、例年の今宮戎と比較してその静かな雰囲気が非常に穏やかで好感が持てました。

現状が収まればまた、十日えびす本番時の賑やかさも見てみたいものです。

 

下鴨納涼古本まつり

こんにちは。

せっかくのお盆休みも実家に帰ることができず…。

とはいえ、家に引きこもって時間を食い潰すのももったいないと思い、

8月11日から16日まで開催されている

『第34回下鴨納涼古本まつり』に行ってきました。

 

続きを読む

二条城

昨年の『FLOWERS BY NAKED 2019 −京都・二条城−』につづき

『二条城 × ネイキッド夏季特別ライトアップ』へ行ってきました!

前回は平日にもかかわらず沢山の人で寒い中、入場に1時間ほど並びましたが

今回は検温・消毒がありましたがスムーズに入場できました。

 

コロナ禍によりさまざまな対策を講じられ、人数制限や人の流れをコントロールするなど万全の体制でした。

人との距離を保つ為のディスタンス提灯の配布

コロナ収束を願う花火「FIREWORKS BY NAKED」のプロジェクションマッピング

太陽に照らされている時の力強い二条城とは違った妖艶な雰囲気でした。

二条城ではイベントが開催される事が多いのでチェックして参加してみてください。

 

企画管理部 隅

京都の冬は寒い・・・

京都の冬はご存じの方も多いと思うのですが、とっても寒いんです・・・。

出町商店街_大根炊き

(↑こちらは京都の出町商店街の冬の風物詩「大根炊き」の1シーンです。)

京都では本当に寒い日に「底冷え」という言葉をよく使います。 続きを読む