物件名から検索

  • テナント
  • 防犯モデル認定物件
  • ピックアップ
  • リノベーション特集
  • ペット可の物件特集
  • 賃家特集はこちらから
  • デザイナーズ特集はこちらから
  • 新築特集はこちらから
  • 当社管理物件はこちらから
  • キャンパスNAVI
  • 初めてお部屋探し
  • お客様の声
  • 祇園祭
  • ゲストハウス京都や
  • 売却・賃貸をご検討中の方へ
  • 物件リクエスト
  • 来店予約

ハウスネットワーク:京都の賃貸マンション用語集  カ行

【カードキー】
カード上のキーで、通常のキーより防犯性が高くなります。
【カーポート】
戸建ての庭先などにある、屋根付きの車庫で、壁に囲まれていない簡易なものを指します。
【開口向き】(カイコウムキ)
お部屋の向きの事です。賃貸マンションの場合はバルコニーの向きのことを差します。
【外断熱工法】(ガイダンネツコウホウ)
蓄熱性の高い鉄筋コンクリートなどを断熱材を覆うことで、部屋の保温性を高めた工法です。
【解約通知】(カイヤクツウチ)
京都では普通借家契約の特約として契約期間途中の解約を認めている場合が多いのですが、その際には契約時の書類の中に一緒に含まれている解約通知書を、解約する前の既定の期日までに管理会社に送ることで解約することができる場合が多いようです。ただし、解約通知書の送付が遅れた場合は賃料は支払わなければならないので、解約通知書は早めに送るようにしましょう。解約通知の期日は京都では2ヶ月前という場合のが多いですが、たまに1ヶ月前でもよいという賃貸マンションンもあります。
【解約引】(カイヤクビキ)
保証金と1セットです。入居者の退去時に保証金から解約引の金額を差し引きますという意味です。保証金・解約引の場合は、契約時に借主が支払う費用は保証金の金額となります。
【鍵交換代】(カギコウカンダイ)
京都では慣習上、入居の際に防犯上実施される鍵交換の費用を借主負担で行うことを契約時の必須条件としている賃貸マンションも多くあります。
【火災保険】(カサイホケン)
賃貸マンションにご入居される際は、借主はもし火災で部屋が焼けた時に、部屋を返却できなくなるため、必ず何らかの火災保険に加入していただく必要があります。火災保険の中には火災以外にも水漏れなどに対応した保険もあります。
【貸主】(カシヌシ)
お部屋を貸し出すオーナーの事です。多くのオーナーは管理会社に賃貸マンションの管理の事を委託しています。
【ガス】
京都の場合は、ほとんどの賃貸マンションは大阪ガスが提供する天然ガスですが、まれにLPガス(プロパンガス)の物件もあります。
【ガスキッチン】
ガスコンロが使えるキッチンです。京都では単身者向けの賃貸マンションには電化キッチンである場合も多いので、ガスキッチンを希望される際には確認が必要です。
【角部屋】(カドベヤ)
建物の端に位置している部屋の事です。部屋の片方の隣がなく、建物の外壁面に当たることが多いため、窓が角部屋でない部屋よりも多く日当たりや風通しが良かったりするケースも多いです。また、部屋の両隣ともが無い部屋は独立部屋と言います。
【借主】(カリヌシ)
お部屋を借りる方のことで、契約書に借主として記載されます。入居者とは別の場合もあります。
【管理会社】(カンリガイシャ)
賃貸マンションのオーナーからマンション管理を請け負っている会社です。借主や入居者からの相談窓口となります。
【給湯】(キュウトウ)
シャワーなどのお湯を沸かす設備です。京都では現在、ガス給湯が多いですが、オール電化の電気給湯の賃貸マンションもあります。
【共益費】(キョウエキヒ)
通常の賃貸マンションにおいて、共用部分を維持するための費用と言われています。共益費が賃料に込みという場合や、共益費に水道代が込みといった場合もあります。
【クッションフロア】
ビニール製の床シートおよびそれを用いた床の事です。CF(シーエフ)とも言います。昔はビニール感が強くて安っぽい床面のイメージでしたが、最近は見た目もフローリングっぽく機能的なクッションフロアも増えてきました。
【区分所有建物】(クブンショユウタテモノ)
分譲マンションのように、部屋の持ち主が各部屋で異なるような建物を指します。京都の賃貸マンションの場合では分譲リースのお部屋などが該当します。区分所有建物においては管理規約が定められている事が多く、賃貸で入居して住んでいる方も管理規約には従う必要があります。
【グルニエ】
屋根裏部屋のことです。部屋数にはカウントされません。
【車寄せ】(クルマヨセ)
自動車を寄せて乗降可能な屋根つきの部分の事です。
【珪藻土塗り壁】(ケイソウドヌリカベ)
室内の壁に珪藻土を使っています。漆喰に比べて調湿性が高いですが、粉が落ちるなどの劣化がしやすい傾向があります。
【契約期間】(ケイヤクキカン)
京都では通常、賃貸借契約に契約の期間を設けます。普通賃貸借契約では契約満了の際に借主は契約更新して引き続き住むことができます。京都では慣習上、更新の際に更新料を支払うのが一般的です。また、契約期間は2年もしくは1年という場合が多いです。
【軽量鉄骨造】(ケイリョウテッコツゾウ)
賃貸マンションの建物構造のひとつです。通常の鉄骨が厚さ6mm以上であるのに対して、厚さ6mm未満の軽量鉄骨を使用した建物です。
【ケーブルテレビ】
CATVとも言います。京都市にはケーブルテレビが使えないエリアもたくさんあります。
【現況】(ゲンキョウ)
賃貸マンションのお部屋の状況のことです。すぐに入居可能な場合は「即日入居可」と言います。その他にも、現在入居中で退去の予定になっているケースや、改装中といったケースもあります。
【原状回復】(ゲンジョウカイフク)
借主が契約を解除して貸主に物件を明け渡す際に、通常に利用した場合の損耗(通常損耗・経年劣化)以上に物件を毀損している場合に、通常損耗・経年劣化のレベルまで物件の状態を回復する費用を負担することを差します。原状回復についてはトラブルが多発したため、国土交通省が「原状回復のガイドライン」をいう指針を示しています。
【建築確認】(ケンチクカクニン)
建築予定の建築物が建築基準法等に適合しているかを着工前に行政が審査します。建築確認が完了した賃貸マンションは広告に出すことができます。
【建築基準法】(ケンチクキジュンホウ)
建築物の最低限の基準を定めた法律です。耐震基準は昭和56年6月に強化されました。
【コインランドリー】
洗濯機が各部屋で設置できない賃貸マンションでは、共用部分にコインランドリーが設置されている場合もあります。
【高気密住宅】(コウキミツジュウタク)
柱や天井、壁のジョイント部分の隙間を無くして、冷暖房の効率をよくした住宅です。
【更新料】(コウシンリョウ)
借主が契約更新の際に貸主に支払う費用で、京都の賃貸事情では慣習的に更新料が掛かることが一般的です。判例では礼金と同様に、法外な金額でない場合に限りは家賃の一部の前払い金という解釈がされていています。
【交通機関】(コウツウキカン)
京都の賃貸マンションの情報では交通機関は主に鉄道かバスを最寄りの公共交通機関として記載されます。京都には「京都市営地下鉄」「JR」「阪急」「京阪」「京福」「叡山電鉄」「近鉄」といった鉄道があり、賃貸マンションの最寄駅はこれらの鉄道沿線の駅を記載されます。また、駅から遠い場合は「京都市バス」などのバス停が記載されている場合もあります。
【勾配天井】(コウバイテンジョウ)
平均天井高の確保のために屋根の形状を活かしたりして、傾斜をつけた天井です。
【腰壁】(コシカベ)
床から腰の高さぐらいまでに張る別仕上げの壁で、下半分に板材を張ったりしています。
ア行    カ行    サ行    タ行    ナ行    ハ行    マ行    ヤ行    ラ行    ワ行