物件名から検索

  • テナント
  • 防犯モデル認定物件
  • ピックアップ
  • リノベーション特集
  • ペット可の物件特集
  • 賃家特集はこちらから
  • デザイナーズ特集はこちらから
  • 新築特集はこちらから
  • 当社管理物件はこちらから
  • キャンパスNAVI
  • 初めてお部屋探し
  • お客様の声
  • 祇園祭
  • ゲストハウス京都や
  • 売却・賃貸をご検討中の方へ
  • 物件リクエスト
  • 来店予約

京都賃貸ハウスネットワーク:空き家の活用法について

空き家の活用法について

京都市における空家数は11.4万戸、空家率は14.0%となっており、実に7軒に1軒が空き家という状況です。
京都市では、これまでも空き家対策に取り組んでいましたが、より一層対策を推進する必要があることから、
平成26年4月に「京都市空き家の活用・適正管理等に関する条例」を施行し、
空家の活用をはじめ、予防と適正管理に関する取り組みを進めています。

空き家

空き家を放っておくとどうなるの?

建物は年月の経過とともに傷んでくるものですが、特に人が住まなくなった空き家は、傷みの進行が早いです。
空き家のまま長期間放置してしまうと、内部はかなり傷んでしまいます。
しかし、外からはその危険性はあまり分からないものです。
外部に崩壊の兆候がある場合はかなり危険な状態だといえます。

空き家管理のススメ

空き家の放置は、所有者だけではなく、ご近所や地域の大きな問題に発展することもあります。
周りの方々に迷惑をかけないためにも、空家を財産として受け継いでいくためにも、
定期的に管理することがとても大切です。
ここでは、そのポイントを見てみましょう。

+ONEトピック

定期的に空き家を管理することが難しい人向けに、ハウスネットワークでは空家の管理サービスを提供しております。
長期間確認に行けないような場合は、このようなサービスを利用するのも空き家を管理する方法の一つです。

 
管理サービスの例
  • ○郵便受けの整理
  • ○建物のチェック
  • ○ゴミの確認  等

空き家活用のススメ

空き家は、住まいとしてだけではなく、様々な形で活用できるまちづくりの資源です。
例えば、地域のコミュニティ施設、観光拠点やお店など、地域の憩いやにぎわいに役立つような活用方法もあります。
自身のため、地域のために空き家活用に取り組みましょう。
ここでは空き家を活用する場合、所有者に知っておいてほしい情報をご紹介します。

所有者自身で活用する場合 売却する場合
活用する際は、現在の間取りで良いのか、改修工事は必要かといったことを検討する必要があります。そのような相談は、建築士さんや工務店さんにするのが良いでしょう。
また、「空き家活用・流通支援専門家派遣制度」を利用し、建築士さんや不動産屋さんにアドバイスをもらうこともできます。
売却し、次の所有者に活用してもらうというのも活用方法の一つです。
売却するには、不動産屋さんに依頼するのが一般的です。
ハウスネットワークでは、売却についてのご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
また、不動産鑑定士さんに鑑定評価してもらうという方法もあります。一般的に費用がかかりますが、お持ちの不動産の価値がどのくらいか知ることが出来ます。
賃貸に出す場合
契約や管理の方法を検討しましょう。
以下の2通りがあります。

Q.空き家を回収して、賃貸に出す予定です。改修費に対する補助金等はあるのでしょうか?
  1. 一戸建て・長屋建ての空き家を、活用・流通する場合に必要な改修費や家財の撤去費の一部を補助する「空き家活用・流通支援等補助金」があります。
    また、住宅として活用する場合に限り、耐震改修や省エネリフォームにかかる費用を補助する制度があります。
Q.賃貸に出したら返ってこないと聞いたのですが?
  1. 賃貸借契約には、普通借家契約定期借家契約の2つのパターンがあります。
    「普通借家契約」は、入居者が引き続き住む事を希望している場合、貸主に正当な理由がない限り契約を終了することが出来ません。
    一方、「定期借家契約」は、あらかじめ定めた契約期間が満了すると、賃貸借が終了します。そのため、返してもらえないということは起こりません。